修理会社を選ぶコツ

修理会社を選ぶコツ

お風呂の水漏れがあるとかなり早急に対応しなければならないと思ってしまい、すぐに対応できる業者に絞って選びがちです。昨今ではインターネットでたくさんの業者のなかから選ぶことができますが、初めて利用する場合、その業者が信頼できるかどうかをしっかり判断せねばなりません。

まずは見積もりを取るようにしましょう。見積もりを出して依頼をするまで費用の掛からない業者を選ぶとよいでしょう。悪徳業者は見積もりの修理料以外だけでなく出張料金や部品の料金が高く、結果的に高額な料金を支払うことになりますので注意が必要です。事前見積もりの際には、料金の内訳を確認して追加料金のかからない会社が良いです。

浴室は毎日使用するものですので、スピーディーに対応してくれる会社を選ぶことも必要です。24時対応してくれる業者を選ぶと夜間の水漏れでも安心です。それだけでなく、信頼できる業者を選ぶには、インターネットの口コミなどを見るのも一つの方法です。

また、修理はもちろんのこと点検やアフターサービスも保証されている会社であれば、万が一修理が終わっても安心です。また、工事の際にはしっかりと立ち会って、修理箇所や工事内容を確認しましょう。

水漏れ修理どうする

修理器具お風呂を作ってから10年から15年程度たつと、部品が劣化して水漏れを引き起こす場合があります。ですが、お風呂はもともと水分が多いところであり多少の水滴が付くことからなかなか水漏れには気づきにくいことがあります。そのため、お風呂に入って水漏れが疑われるのであれば、しっかりと水をとめて少しずつ染み出て来ないか見てみる必要があります。

お風呂の水漏れ修理をするたいていの場合は、部品を交換することで解決します。自分で交換できる部品もないことはありませんが、水回りの部品はかなり種類も多く、選ぶことが大変です。深刻な事態でない場合、本体のパッキンを交換するだけで改善します。

経年劣化がひどい場合は、蛇口自体を交換したほうがよいでしょう。これは、やはり専門業者に頼む必要があります。特に蛇口の付け根から赤っぽい水が出てくる、赤さびが垂れている場合は、給水交換工事が必要になります。

また、壁の間を少しずつ水が伝って漏れていくのは、蛇口の内部にある部品、パッキンの劣化になります。掃除の際にお風呂に入ってもいないのに床が濡れてから気づくことも多いですが、深刻にならないうちにしっかりと処置しましょう。まずは漏水部位の確定から行います。

修理会社を選ぶコツ

起こる理由

お風呂お風呂の水漏れが起こる原因はさまざまあります。浴室の蛇口の寿命は10年から15年程度となっており、その部品の劣化によって水漏れが起こります。もちろん、水栓も消耗品であるため劣化します。そのような部品の劣化が水漏れを引き起こします。

また、浴室の水道の蛇口が劣化したり、水道管の劣化で水漏れしたりすることがあります。浴室を作ってあまり時間が経っていなくても水道管のパッキンなど、劣化しやすいプラスチックの部品が劣化することもあります。また、これらの劣化の進行により蛇口と壁の間からぽたぽたと水が垂れることもあります。

シャワーヘッドから水が漏れることもあります。シャワーヘッド内に残り水があったり本体やバルブの故障やそのほかの部品の劣化などが原因だったりします。部品が劣化すると水漏れのみならず、蛇口が閉まっている感じがしないなどと言うことがあります。蛇口をしめても空回りすることがあります。

水漏れ修理どうする

お風呂の水漏れ修理

長年使っていると悩まされるのがお風呂の水漏れです。お風呂は毎日使うものですが、簡単には劣化しないというイメージがあるので、いざ水漏れを起こしてしまうと慌ててしまいます。お風呂を使っていると、蛇口から水がぽたぽた垂れてくる場合もありますし、接合部分からぽたぽた水漏れを起こすこともあります。

洗面所の水漏れであれば自分で修理をすることも不可能ではないですが、お風呂は部品の種類も多く、水栓の種類も多いためどれを選んだらよいのかわからないということもあります。どこからのわからない、ということも考えられます。

専門業者そのようなお風呂の修理をするときは、専門会社にお願いすることが必要です。言うまでもなくお風呂は毎日使用するものですので、業者の見積もりが出たらそれで何とかしてほしいと思って相場より高い金額であても契約してしまいがちです。それだけでなく、気づかないうちに応急処置的な修理になってしまって、また別の部位での水漏れを引き起こすこともありますし、一方で必要のない部品まで購入してしまうリスクもあります。

お風呂の水漏れ修理を適正な価格で業者依頼するのであれば、まずお風呂の水漏れがどういった理由で発生するかをよく知り、それに対してどのような措置があるのかを知識として知っておくことが必要です。そうすると、いざお風呂が故障したときに、慌てることなく適正な業者にお風呂の水漏れ修理を依頼することができるからです。

起こる理由